上方舞

地唄 菊の露 楳茂都梅衣華 
​うめもと うめきぬはな
上方舞は、江戸中期から末期にかけ、京阪で生まれた日本舞踊です。
楳茂都流は、井上流、山村流、吉村流とともに上方舞四流とよばれ、初代家元の家が京都の宮家に支えてきたこともあり、はんなりとした都の風情が感じられる舞が特徴です。

​次回予定公演

11回華々.jpg

第11回 華々の会

2022年10月22日(土)午後3時半開演

京都府立文化芸術会館

22イメージ.jpg

千夜語り《其の三》

響く 舞う 詠う

2022年11月5日(土)午後7時開演

THEATRE E9 KYOTO

主催/企画:千夜語り

​最近の公演

千夜語り《其の二》
おもしろ上方舞と筑前琵琶
そして能管と

2021年 6月26日(土)午後7時開演

THEATRE E9 KYOTO

千夜語り《其の一》
おもしろ上方舞と筑前琵琶

国立劇場主催

令和2年度(第75回)文化庁芸術祭協賛

「舞の会―京阪の座敷舞―」

2020年11月21日(土)

12時開演の部に出演

演目:地唄 東 山 立方 楳茂都梅衣華

2020年 11月14日(土)午後7時開演

THEATRE E9 KYOTO

お問い合わせ
華の会事務局
​TEL 090-3625-4271